ふるさと秋田の祭 西馬音内盆踊り
 写真をクリックすると大きくなります! 
800×600の解像度で、壁紙としてもお使いいただけますのでご利用下さい!
編み笠を深くかぶった「おぼこ」たち
にぎやかに鳴り響く囃子の音が幻想的な空間をかもしだす、羽後町の伝統行事「西馬音内盆踊り」

編み笠を深くかぶった「おぼこ」たちが、美しい端縫い衣裳を身にまとい、優雅に舞う姿は夏の夜の夢のようです。

この行事については、文書として記録されたものが全くないため、すべて言い伝えによるものと言われていますが、最初は豊年祈願や盆供養のために始められ、母から子へ、またその子へと受け継がれてきたといいます。

一説には、正応年間(1288〜93年)に源親という修行僧が蔵王権現(現在の西馬音内御嶽神社)を勧請し、ここの境内で豊年祈願として踊らせたのが始まりとか。

その後、西馬音内城主小野寺茂道一族が慶長6年(1601年)に滅びました。主君を忍んで、遺臣たちが、旧盆の16日〜20日までの5日間「亡者踊り」を行ったそうです。この踊りと合流して現在の形になったいう説もあります。

その昔は宝泉寺(西馬音内寺町)境内で行われていましたが、天明年間(1781〜1789年)に現在の本町通りに移り、現在まで継承されてきたものと伝えられています。

世にも珍しく妖しいこの踊り、大正年間には「風俗を乱すもの」として警察から弾圧したこともあり、数年間は衰えていましたが、復興を望む住民の協力を得て、元のように盛んになったそうです。

昭和56年1月21日、「西馬音内盆踊り」は、国の重要無形民俗文化財に指定されました。

 
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
 
羽後町の伝統行事「西馬音内盆踊り」は、
 毎年8月第1日曜日に開催されています。
 是非一度、秋田にお出かけ下さい。
 -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
練習にも熱が入ります
闇の中に浮かぶ白いうなじが印象的 さあ、本番です
炎を中心に踊りの熱も上がってきます 「おぼこ」たちが美しく舞います
踊りとは対照的に賑やかな囃子 踊りとは対照的に賑やかな囃子

 祭りは「西馬音内盆踊り」だけではありません。今後もお祭り情報をお楽しみ下さい。
 ふるさと秋田を思いながら、秋田直送の山海の幸を味わって下さい!
トップページへ − 郷土料理つきごよみ − 旬なもの味なもの − 今月の料理 − 店舗ご案内 − きりたんぽ鍋宅配
お問い合せ、ご予約は TEL:03-3641-1511 FAX:03-3643-7334 男鹿半島 本店 までお申し付け下さい。 
E-mail:info@ogahantou.com